Service

マーケティング事業
即戦力IT人材事業(ベトナム人)
クリエイティブ事業
メディア事業
実績

オフショア開発・受託開発はWWSベトナムへ

WWSオフショアは、日本人SEが窓口に入ります

日本で16年の開発実績

オフショア開発・受託開発のWWS

オフショア開発・受託開発のWWS

ラボ型開発との違い

ラボ型開発とは異なり、プロジェクト単位で工数を見積もり開発を請け負う契約となります。プロジェクトの
全体管理や品質管理なども弊社が対応しますので、お客様はベトナムでの開発を意識する必要はありません。
ラボと比較すると見積もりは少しだけ割高になります。

オフショア型開発のメリット

プロジェクトの規模が小さく、今後もメンテナンスや機能アップデートなどの継続性のない場合は受託での開発をお勧めします。ラボ型開発では、立ち上げまでにどうしても時間がかかってしまうので、このような短期プロジェクトには適用が難しいです。
また、お客様側でPMを用意することができない場合も受託での開発をお勧めします。

オフショア開発のデメリット

認識の違いが生まれないように、国内の開発会社向けに用意する資料より丁寧につくる必要があります。
日本語でも対応可能ですが、英語の方が誤解を生むリスクが少なくなります。

対応可能領域と技術

対応領域

  • Webシステム開発
  • スマートフォンアプリ
  • 業務システム開発

OS

  • iOS
  • Linux
  • Android
  • Windows

言語

  • java
    Scala
  • PHP
    Javascript
  • Phython
    Objective-C
  • Ruby
    Swift
  • .NET(C#/VB)
    Perl

フレームワーク

  • Spring
    .NET
    Cake PHP
  • Struts2
    Laravel
    Fuel
  • Seaser2
    Codeigniter
    Ruby on Rails
  • Java EE
    Zend
  • Play
    Symfony

DB

  • Oracle
    DynamoDB
  • SQL-server
  • MySQL
  • PostreSQL
  • MongoDB

インフラストラクチャ

  • AWS
  • Google App
    Engine
  • Microsoft Azure
  • Heroku

インフラストラクチャ

  • Skype
  • Slack
  • Chatwork

プロジェクト管理ツール

  • Redmine
  • Backlog
  • JIRA

CI

  • Travis CI
  • CircleCI
  • Jenkins

ソース管理

  • Github
  • SVN
  • Bitbucket

WWSのオフショア開発を利用するメリット

日本で16年間、受託開発の実績とノウハウがある

日本で16年間、
受託開発の実績とノウハウがある

相談や開発工程においての
アドバイスが行えます

日本決済でも、ベトナム決済でも対応可能

日本決済でも、
ベトナム決済でも対応可能

ベトナム国外から支払う場合、
付加価値税は0%でUSD決済できます

日本とベトナムに日本人ブリッジSEが在中

日本とベトナムに
日本人ブリッジSEが在中

コミュニケーションミスや遅延が
発生しないよう体制を構築します

最終品質チェックは日本人が行います

最終品質チェックは
日本人が行います

単に安いだけではありません。品質チェックは
ローカルと日本人のダブルで行っています

日本人が窓口
費用は日本の約7割

WEBからのお問い合わせ

  • 東京営業所 03-5421-7925
  • 大阪営業所 06-6390-1441
  • 岡山営業所 086-293-2934